Amazon 医師と患者の会話からカルテ記録を行う音声認識サービスを公表

米Amazonは、医師と患者の会話内容を解析し、電子カルテに自動記録する音声認識サービス「Amazon Transcribe Medical」を公表した。

Mobile Health Newsの報道によると、新システムは既存のAmazon Transcribeを機能拡張したものであるという。医療現場で利用される専門用語に幅広く対応するとともに、米国内法HIPAAに準拠していることで利用の安全性を強調する。

医療情報の取得と記録にAWS(Amazon Web Services)を利用することに関しては、データ保護の問題が常にある。Amazonが十分な説明責任を果たしその有効性と安全性が広く認知される時、このシステムは1つの医療革新を起こす可能性もある。先行する自動カルテ入力システムは過去に紹介しているので参照頂きたい(過去記事)。