One Drop – 慢性疾患患者向けのAI健康管理プラットフォーム

米ニューヨークに本拠を置くOne Dropは、糖尿病や高血圧、脂質代謝異常症など慢性疾患を有する患者向けの、AI健康管理ソリューションを提供している。2015年の創業以来、世界300万人のユーザーと130億を超えるデータポイントに支えられ、同社が誇る機械学習アルゴリズムは日々強化され続けている。

One Dropが先週明らかにしたところによると、同社は個人向けの新しいサブスクリプションサービスを開始するという。メンバーシップの加入者は、One DropのAIプラットフォームを利用し、各個人の健康プロファイルと嗜好に基づき、健康リテラシーの向上と健康維持への行動変容を促す教育リソースや個別健康管理プランの提供を受ける。ユーザーは、血圧や体重、HbA1c、活動量といった定量評価の可能な健康目標に向けて取り組むため、デジタルセラピーの課題とされる「アドヒアランス問題」を克服しやすい。また、個々のプログラムには認知行動療法など、科学的エビデンスに裏付けされたアプローチを採用し、その有効性を担保している。

One Drop CEOのJeff Dachis氏は「我々のデータドリブンな慢性疾患管理ソリューションは、手に持つスマートフォンから何百万人もの人々に大きなインパクトを与えることができるものだ」とし、その技術力とツールの臨床的有効性に強い自信を示す。

前の記事自撮りで冠動脈疾患をスクリーニングする時代へ – European Heart Journal より
次の記事輸血用血液製剤の品質評価を自動化するAIシステム
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。