GE Healthcare – COVID-19患者における気管挿管を支援するAIツールを公表

COVID-19患者のICU治療においては、高頻度に気管挿管による呼吸管理が伴う。集中治療医や麻酔科医にとって挿管手技自体は珍しいものではないが、留置後の挿管チューブ位置確認は欠かせない。種々ある異所挿管の中でも、「片肺挿管」は低酸素血症や肺の圧外傷、気胸など重篤な合併症を引き起こし得る。GE Healthcareはこのほど、気管内チューブの位置を正確に捉えるAIソリューションを公開した。

GE Healthcareが23日明らかにしたところによると、このツールはGEのCritical Care Suite 2.0に含まれる5つのソリューションの1つであるという。気管挿管実施後の胸部レントゲン画像を自動解析することで、気管内チューブを正確に捉えるとともに、適切な配置であるか、追加処置が必要であるかを判断することができる。気管内チューブは上記の合併症を回避するため、気管竜骨より先に進めないことが求められるが、このツールでは症例の94%において、チューブ先端と気管竜骨との距離1.0cm以内までを正確に捕捉することができる。

重症COVID-19の治療においては物的・人的リソースと時間の制約から、挿管患者における気胸・圧外傷の発生増が危惧されている。GE Healthcareは「これらの特定と警告によって、迅速な患者治療の導入も実現する」点に言及し、医療現場をひっ迫させるCOVID-19治療を助ける革新的テクノロジーとして大きな自信を示す。

前の記事MIT – ニューラルネットワークをいつ疑うべきなのか?
次の記事米Nuanceの医療用音声書き起こしAI – 米最大級医療グループProvidenceと提携
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。