医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究ゲノムとAIによる胃がんの治療効果予測

ゲノムとAIによる胃がんの治療効果予測

胃がん治療において、化学療法や免疫チェックポイント阻害薬に対する患者の治療反応を正確に予測するバイオマーカーは不足している。米メイヨークリニックの研究チームは、ゲノムシークエンスとAIによって、「胃がん患者が治療に対してどのような反応を示すか」を予測する機械学習アルゴリズムを構築した。研究成果はNature Communicationsからこのほど公開された。

チームの研究論文によると、独自の機械学習アルゴリズムNTriPathを用い、胃がんに特有となる32の遺伝子からなるシグネチャーを同定したという。次に567人の患者において、これら32遺伝子の発現レベルに対する教師なしクラスタリングによって、予後を決定する4つの分子サブタイプを決定した。最後に線形カーネルを用いたサポートベクターマシンを構築し、5年全生存の予後を示すリスクスコアを生成し、3つの独立したデータセットを用いてこのリスクスコアを検証している。得られた分子サブタイプは、胃切除後の5-FUとプラチナ製剤の補助療法や、転移・再発した患者における免疫チェックポイント阻害剤への反応を予測することも明らかにされている。

著者らは「32遺伝子のシグネチャーは、胃がん治療における有望な予後予測バイオマーカーである」ことを強調する。今後、大規模な患者コホートを用いた前向き検証によって、その臨床的有効性の程度を確定させることが期待されている。

関連記事:

  1. Microsoft – 「治療のデッドエンド」を回避するAIモデル
  2. 頭頸部がんの治療強度を下げるためのAI利用
  3. ラジオミクスとAI – 大腸がん保存的治療への反応性
  4. MRIxAIによる「非侵襲的がん治療反応性評価」
  5. がん治療を変革する「ネオアンチゲンの免疫反応予測AI」

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事