医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究MRIxAIによる「非侵襲的がん治療反応性評価」

MRIxAIによる「非侵襲的がん治療反応性評価」

マサチューセッツ総合病院の研究チームは、新規がん治療による「腫瘍細胞死の初期徴候」をMRIスキャンから捉える全く新しいAI手法を開発した。研究成果は、Nature Biomedical Engineering誌からこのほど公開されている。

チームの研究論文によると、これは脳腫瘍ウイルス療法の治療効果判定を狙ったものという。近年実用化された治療用ウイルスは、正常組織を残しながらがん細胞を選択的に死滅させることができ、悪性脳腫瘍の治療において大きな注目を集めている。一方、ウイルスを用いた治療法の最適化には、治療反応の高頻度な経時的モニタリングが必要となる。研究チームは、ディープラーニングによってMRI画像を定量することで複数の組織特性を明らかにし、ウイルス療法開始後48時間からモニタリング可能な、pHマップおよび分子マップの作成に成功した。新手法は非侵襲的検査としての優位性を持つほか、既存手法よりも早期の治療反応モニタリングを実現している。

著者らは「この非侵襲的モデルを用いてがん治療効果を評価することで、患者の転帰を大幅に改善するとともに、精密医療を加速させることができる」とした上で、同様の手法が脳卒中や肝疾患など、他疾患へも容易に拡張可能であることにも言及する。今回の研究ではマウスの脳腫瘍モデルを用いた検証を行っているが、研究チームは今後、実際の脳腫瘍および脳卒中患者を対象としたモデルの機能拡張を進めるとしている。

関連記事:

  1. がん細胞から治療反応を予測
  2. 唾液タンパク質データベースが個別化医療を変革する
  3. クローン病の治療反応性を予測する機械学習モデル
  4. がん治療を変革する「ネオアンチゲンの免疫反応予測AI」
  5. neuroQWERTY – パーキンソン病をキーボードタイピングでモニタリング

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、現在は米マサチューセッツ総合病院研究員、ハーバードメディカルスクール・インストラクター。他に、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事