C型肝炎治療の失敗リスクを推定するAI研究

C型肝炎の治療は、直接作用型抗ウイルス薬(DAA: Direct Acting Antivirals)の登場によって画期的な進歩を遂げた。しかし、DAAは治療完了までに数百万円程度(日本では高額療養費支給制度対象)を要する高価な薬剤として知られ、その治療を可能な限り初回で成功させることは、患者の健康面のみならず医療経済的側面からも待望されている。米フロリダ大学のグループは「C型肝炎におけるDAA治療の失敗リスクを推定するAI研究」を行い、最新の成果を学術誌 Hepatologyに発表した。

フロリダ大学が明らかにしたところによると本研究では、米国内のC型肝炎患者登録データセットから収集した約5,000名の臨床データに基づき、C型肝炎治療の失敗を予測する4種の機械学習アルゴリズムを構築した。アルゴリズムの有効性は別の1,631名の患者で検証されており、アンサンブル学習の一種である勾配ブースティングが最も高い予測性能を示していた。また4種のアルゴリズムはいずれも、従来の統計手法である多変量ロジスティック回帰よりも優れた性能を示した。治療失敗の強力な予測因子として、喫煙・飲酒・糖尿病・高血圧・胃食道逆流症治療薬が挙がり、これら因子に対しては治療成功率を高めるために介入の余地があると考察されている。

DAAによるC型肝炎の初回治癒率は95%以上とされる。しかし、世界における慢性C型肝炎患者は7000万人、年間新規感染者数は150-200万人との推算があり、残りわずかの失敗が与える影響は小さくない。研究チームは、「本アルゴリズムを電子カルテに組み込み、治療開始前にハイリスク患者にアラートを発する」といったシステムを想定し、研究開発を継続している。

関連記事:

  1. 声無き声を聞き分ける – 肝細胞がんの予測モデル
  2. 肝移植後の短期死亡率予測モデル
  3. AIを利用し非アルコール性脂肪肝炎を予測
  4. AIによる肝細胞がんの予後予測 – システマティックレビュー
  5. がん細胞から治療反応を予測

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事