医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究COVID-19による死亡リスクに関連する免疫細胞

COVID-19による死亡リスクに関連する免疫細胞

イェール大学の研究者らは、新しいデータ解析ツールを利用し、COVID-19による死亡リスクに関連する「特定の免疫細胞」を明らかにした。研究成果はこのほど、Nature Biotechnologyから公表されている。

T細胞や抗体産生B細胞などの免疫系細胞は、COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2といった病原体から、生体を幅広く保護することが知られている。また、これまでの大規模なデータ解析により、このウイルスに対する免疫反応について、科学者たちは広範な概観を得ることができた。しかし、通常は防御的な細胞種を含み、一部の免疫細胞が時として深刻な炎症や死を誘発することも明らかとなっている。チームの研究論文によると、イェール大学で開発された機械学習ツール「Multiscale PHATE」は、数百万個の細胞から単一細胞まで、あらゆる解像度のデータを数分以内に解析することを可能とする。この技術は、遺伝学およびコンピューターサイエンスを専門とするSmita Krishnaswamy准教授の研究室で構築された「PHATE」と呼ばれるアルゴリズムを基盤とし、既存のデータ可視化ツールが持つ欠点の多くを克服している。

チームはこの新しい機械学習ツールを用い、COVID-19の重症例でイェールニューヘブン病院に入院した163人の患者から採取した5500万の血球を分析した。その結果、T細胞が多いと予後が悪く、顆粒球と単球という2種の白血球が多いと死亡率が高いことを明らかにした。また、詳細な解析においては、ヘルパーT細胞であるTH17も免疫系細胞であるIL-17やIFNGとともに、死亡率上昇に関連することが示されている。研究者らは、血液中のこれら細胞量を測定することで、患者の生死を83%という高い精度で予測できたことを強調している。

関連記事:

  1. COVID-19後に心血管疾患リスクが増加
  2. MedCheX – 台湾発のCOVID-19肺炎自動検出AIを無償公開
  3. COVID-19は「臨床医が電子カルテに費やす時間」をさらに長くさせた
  4. COVID-19のリアルタイムリスク評価アプリ
  5. 標準血液検査項目から驚異的精度でCOVID-19を識別

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事