医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例音声テキストのみでPTSDをスクリーニングするAI研究

音声テキストのみでPTSDをスクリーニングするAI研究

心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、生死に関わるような極めて強いストレス後に、フラッシュバック・抑うつ・回避行動・過覚醒などをきたす精神疾患である。COVID-19パンデミックを経て、医療従事者など特定職域でPTSDを含むストレス関連疾患が増加したことや、感染からの回復者にPTSDの診断を受ける者が一定割合でみられることなどを背景に、世界的な罹患率増加が観測されている。医療へのアクセス困難が今後も起こり得る状況に対し、PTSDの診断を補強するための遠隔スクリーニングツールが検討されており、カナダ・アルバータ大学のチームからは「音声テキストからPTSDを約80%の精度で検出する機械学習モデル」が公表された。

Frontiers in Psychiatryに発表された同研究では、PTSDの診断を持たない188名と、PTSD患者87名を対象とし、人工キャラクター「エリー」とビデオ通話でインタビューを行い、得られた音声テキストから感情を分析するAIモデルのトレーニングを行った。センチメント分析と呼ばれる、テキストの感情的特徴やポジティブ/ネガティブな考えを分類する機械学習手法を用い、PTSD患者に特有の中立的あるいは否定的な考え方を話す頻度をスコア化することで、スクリーニングツールとしての性能を発揮している。

アルバータ大学のインタビューに対し、プロジェクトを率いたJeff Sawalha氏は「先行研究と同様に、PTSD患者は中立的で感情を麻痺させて多くを語らない傾向があり、一方ではネガティブな感情を表現する患者もいる」と説明する。音声テキストデータのみでPTSD患者を識別するという成果から発展し、チームではアルツハイマー病や統合失調症など言語的特徴が強い精神神経疾患をさらなる分析対象として検討している。

関連記事:

  1. 臨床ルーチンデータからPTSD発症リスクを推定する機械学習モデル
  2. 外傷性脳損傷後のPTSD発症を予測する脳バイオマーカー
  3. 青少年の抗うつ薬治療効果を予測するAI研究
  4. メンタルヘルスへのチャットボット – 自殺リスク発言を遺書から学習

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事