医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例医療機器へのAI活用事例Vitestro社 - AI超音波ガイドとロボットによる自動採血装置

Vitestro社 – AI超音波ガイドとロボットによる自動採血装置

採血は最も基本的な侵襲的医療行為で、世界中で年間に数十億回と繰り返されている。しかし、医療リソースが割かれる労働集約的な単純作業でもあるため、自動化により「医療者は質の高い医療行為へ集中できる可能性」がある。オランダの医療用ロボット企業「Vitestro」は、AIベースの超音波ガイドとロボットによる針の静脈穿刺技術を組み合わせた自律型採血装置を開発している。

Vitestro社の自動採血デバイスは、このたびロッテルダムで開催されたオランダ臨床化学・検査医学会(NVKC)の2022年次総会で発表された。本デバイスの静脈穿刺技術は、16歳以上の患者を対象とし、併存疾患がある場合など難易度の高い血管にも適用可能とする。プロトタイプモデルは、これまでの試験で1,000名以上の患者に1,500回の自動採血を実施してきた。2023年以降、欧州規制当局の承認に向けた臨床試験を開始し、市場への導入は2024年を見込む。これまでの研究成果により、あらゆる年代の患者が当該技術を採用することにおいて好意的かつ積極的な態度を示しているという。

Vitestro社のCEOであるToon Overbeeke氏は「医療従事者の不足は深刻であり、差し迫った問題と言える。パンデミックがさらに労働力の喪失を招き、世界中の病院で生産性を低下させ、医療へのアクセス低下につながっている。我々の革新的で自動化された採血装置は、業界最大の問題を解決する必然的な技術である」と述べている

関連記事:

  1. 医療スタッフを助けるCOVID-19検体採取ロボット
  2. 血液サンプルから卵巣がんを検出するAI技術
  3. 看護支援ロボット「Moxi」

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事