AIにより脳性麻痺を早期発見

乳幼児を対象とした検診において、発達に深刻な障害をきたす疾患群の早期発見は重要となる。我が国においても、母子保健政策の拡充に伴う乳児検診充実の一方、短時間の診察で脳性麻痺を適切にスクリーニングすることは容易ではなく、特に症状発現が軽微である場合の取りこぼしが課題となってきた。

ノルウェー科学技術大学を中心とする研究チームは、9~18週齢の乳児において「自発運動の動画」から脳性麻痺を識別する深層学習モデルを構築し,その妥当性を評価した研究論文を公表した。JAMA Netowrk Openからこのほど公開された研究論文では、ベルギー・インド・ノルウェー・米国の13病院で行われた先行研究に登録された「周産期脳損傷リスクの高い557人の乳児」を対象としている。9週齢から18週齢までの期間に記録されたビデオ、および12カ月齢以上での脳性麻痺関連の検査を含む臨床データを利用してモデルトレーニングを行い、既存の運動評価ツールであるGMAによる識別とその性能と比較した。結果、新しい深層学習ツールによる識別は有意に高い精度を示しており、特に一部のサブタイプにおいては著明な感度の改善を認めた。

検証結果を受け、著者らは「深層学習アプローチにより、乳児の自発運動動画から脳性麻痺の存在を早期に検出できる可能性」を指摘し、臨床実装を見据えたツールの改善と、さらなる検証の必要性を強調している。

関連記事:

  1. 異なる言語間で共通する「自閉スペクトラム症の発話パターン」を検出
  2. 子どもの精神疾患発症を予測するネットワーク分析
  3. 10分の動画で自閉スペクトラム症をスクリーニング

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事