香港を世界最高の開発拠点へ – 地元研究者に医療ビッグデータへの無償アクセス許可

Photo by iStock

香港は現在、バイオテクノロジー分野で世界第2位の資金調達拠点と言われている。独立行政区の強みを活かし、「医療政策の策定支援、バイオテクノロジー研究の促進、臨床サービスの向上」という目標を香港の医院管理局は掲げている。

香港の新聞社 South China Morning Postの記事によると、医院管理局は25年以上に渡って集積された計280テラバイト超の医療記録へ、地元研究者たちの無償アクセスを許可制で開始している。単一のプラットフォームとしては世界最大級を誇り、投薬記録や放射線画像などの検査結果を含む。患者の個人情報は削除してプライバシーを保護するとともに、データの持ち出しを許可せず、顔認証システムで不正アクセスを防止するなどしている。同プラットフォームの活用例として、香港理工大学と香港科技大学の共同チームは、X線画像から股関節部の骨折を診断するAIシステムの開発に取り組んでいるという。

米メディアOpenGovの報道によると、香港特別行政区政府は2019年1月、バイオテクノロジー関連の500以上のプロジェクトに総額1億3千万米ドルの資金提供を行った。ニューヨーク・ロンドンと並ぶ最も競争力の高い金融市場を持つ香港では、世界一の医療技術開発拠点となるために政府を中心とした強力な支援体制づくりが続けられている。

前の記事シドニー大学と復旦大学 脳科学におけるAI研究推進で提携
次の記事米国 Invistics社 – 機械学習で院内の医薬品窃盗を追跡するソフトウェア
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。