NVIDIA GTC 2022

NVIDIAが提供する「世界最大規模の開発者向けAIカンファレンス」であるGTCは本年、「GTC 2022」としてバーチャル開催することが明らかにされた

NVIDIAの創業者/CEOであるJensen Huang氏による基調講演は、日本時間3月23日午前0時から行われる。また、AI・ハイパフォーマンスコンピューティング・グラフィックス等の分野での世界トップレベルの研究者および業界リーダーを含む1,400人の講演者が、900以上のセッションを行う予定。参加登録は無料となる。

GTCではあらゆるキャリアステージの参加者に学びや成長機会を与えることを見据え、その多くが無料で提供される。初学者に向けたディープラーニング入門コースから、経験豊富な開発者に向けたセッション・ワークショップなど、多様なレベルでのスキルアップに資するリソースが含まれており、本メディアの読者にも強く勧められる内容と言える。

関連記事:

  1. 「NVIDIA FLARE」オープンソース化 – フェデレーテッドラーニングの推進へ
  2. 超高速シーケンシング技術がもたらす診断プロセスの変化
  3. 連合学習によるCOVID-19関連研究
  4. Subtle Medical – 医療画像AIについてバイエルとの提携を公表
  5. 米国放射線科医の約30%がAIを使用 – 2020年ACR調査

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事