医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例医療システム・医療問題へのAI活用事例iRhythm社「Zio」- NHS試験プログラムで不整脈患者の待機期間を大幅短縮

iRhythm社「Zio」- NHS試験プログラムで不整脈患者の待機期間を大幅短縮

国民保険サービス(NHS)がiRhythm Technologies社の不整脈検出デバイス「Zio」を試験プログラムに採択したことを以前に紹介した(過去記事参照)。検証の結果、リバプールのNHS病院であるHeart and Chest Hospitalでは、患者の受診待機期間の大幅な短縮につながる成果をみせている。

NHSが明らかにしたところによると、同病院はAI心拍モニター「Zio XT」を動悸・失神など不整脈症状を経験した患者に装着させ、最大14日間に渡る自宅でのモニタリングを行っている。装着後に患者はデバイスを郵送で返送し、データの解析が行われるが、AI支援により「数週間分のデータが数分で解析できる」としている。2021年以降リバプールでは2,000名以上の患者が新サービスの恩恵を受け、精密検査までの待機期間が約8週間からわずか数日に短縮されたという。カテーテル検査のように侵襲的で費用のかかる検査の件数も減少傾向にあり、Zioによって不整脈の高精度なスクリーニングと診断につながった成果と考えられている。

英国では、不整脈の一種である心房細動に140万人が罹患しており、合併症となる心原性脳梗塞など深刻な事態を回避するためには、潜在的患者における不整脈の早期診断が課題となってきた。従来の不整脈診断で活用されてきた24時間監視のホルター心電図は、手間の割にモニタリング期間が短く、解析に要する労力も大きかった。Zioに関する試験プログラムの成果は、患者負担および医療リソースの軽減効果を示唆しており、パンデミックでさらに増加した患者の滞留を減らすことがNHS内で期待されている。

関連記事:

  1. 不整脈検出AIデバイス「Zio by iRhythm」- 英NHS内のパイロットプログラムに採択
  2. 心電図と臨床スコアから心房細動リスクを捉えるAIシステム
  3. 心電図から「心房細動と心原性脳梗塞の発症」を予測
  4. 救急外来で心房細動治療が見過ごされないためのAIアプリ

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事