腫瘍細胞を音で破壊する

ミシガン大学の研究チームは、「histotripsy」と呼ばれる非侵襲的な音響技術により、ラットの肝腫瘍を破壊し、がん細胞の転移・再発を防ぐことができる可能性を明らかにした。本研究成果はヒトのがん治療への反映も期待され、大きな注目を集めている。

histotripsyは高強度超音波の集束により、ミリ単位の精度での標的組織の物理的破壊を実現するもの。現在、米国および欧州で実施されているヒト肝細胞がんへの臨床試験でも知られる。Cancersから公開されたチームの研究論文によると、histotripsyにより肝腫瘍の50-75%を破壊することで、ラットの免疫システムは残存腫瘍を自力で除去できた上、80%以上の個体に再発や転移がみられなかったとする。筆頭著者であり、同大学院博士課程に在籍するTejaswi Worlikar氏は「histotripsyは、現在利用可能な切除方法の限界を克服し、安全で効果的な非侵襲的肝腫瘍切除を可能とする、非常に有望な選択肢だ」と述べる

肝がんは、米国および世界におけるがん関連死の上位に位置し、複数の治療法があるにも関わらず、米国では5年生存率が20%未満と予後不良である。初期治療後の再発・転移が多い点で、肝がんの治療成績を改善する臨床ニーズは強くあり、histotripsyが果たす役割への期待が高まっている。

関連記事:

  1. 肝細胞がんの生存期間を予測する機械学習モデル研究
  2. 3D深度カメラと機械学習による脂肪肝診断
  3. C型肝炎治療の失敗リスクを推定するAI研究
  4. MRIxAIによる「非侵襲的がん治療反応性評価」
  5. 短期間での「がん死」を予測するAIツール

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事