Lunit – 韓国全土の軍隊病院に胸部X線解析AIを提供開始

韓国の医療AI企業「Lunit」はこのほど、韓国IT産業振興院(NIPA)との供給契約を締結し、胸部X線写真における異常影を検出するCEマーク取得済みAIソフトウェア「Lunit INSIGHT CXR」を、韓国軍が運営する国内全土の医療機関に提供を開始することを明らかにした

これは2700万ドルをかけた「軍隊医療システムAI化プロジェクト」の一環となるもの。Lunit INSIGHT CXRは、軍隊で最も代表的な5つの胸部所見である結核・肺炎・気胸・胸水・肺がんを識別することができる。特に結核の集団感染に対して脆弱となりやすい軍隊組織において、診断プロセスにおける専門医不足を補うことが期待されている。今回の契約は、軍事基地でのテスト期間と、著名な医学関連組織からの推薦に基づいて配備が決定されたもの。2021年、Lunitは韓国軍首都病院や延坪海兵隊基地など13の軍事医療施設にソフトウェアを導入し検証を進めた結果、Lunit INSIGHT CXRは、その高い精度と臨床的有効性により、軍事環境における専門家支援の可能性を示すことができた。

Lunit CEOのBrandon Suh氏は、「我々の強力なAIソリューションは、迅速かつ正確なスクリーニングを可能とし、兵士により良い医療サービスを提供する。政府との共同プロジェクトにより、さらに強固で持続可能な医療システムへと革新できることを期待している」と述べた。

関連記事:

  1. Lunitの医療AIソリューションが5カ国共同認証を取得
  2. 韓国Lunit – KRX上場への足取り
  3. 欧州放射線学会 ECR 2021 – PhilipsとLunitがX線診断AIでの提携を公表

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事