Lunitの医療AIソリューションが5カ国共同認証を取得

韓国の医療AIスタートアップであるLunitは、医療画像に基づく診断支援AI開発に強力な実績を持つ。同社は今週、医療機器の単一監査プログラム(MDSAP)の認証を取得したことを公表した。これにより、米食品医薬品局(FDA)、カナダ保健省、日本厚生労働省(MHLW)、オーストラリア医薬品庁(TGA)、ブラジル保健規制庁(ANVISA)からの重複した規制手続きの一部または全部が免除されることとなる。

MDSAPは、国際医療機器規制機関フォーラム(IMDRF)が実施する制度で、医療機器の単一かつ協調的な監査を通じ、安全性および品質管理基準について認証するもの。MDSAP参加5カ国の医療機器市場規模は2,232億ドル(約25.6兆円)と推定され、世界市場の約55%を占める。胸部X線画像用のLunit Insight CXRとマンモグラフィー用のLunit Insight MMGは、すでに世界38カ国、450の医療機関で使用されており、今回の認証によってLunitのグローバル展開がさらに加速することが見込まれる。

Lunitはこのほど、Lunit Insight MMGのほか、緊急疾患者を自動的に分類する「Lunit Insight CXR Triage」についてもFDA認可を取得したとする。AIバイオマーカープラットフォームの「Lunit Scope」や、乳房断層撮影用の「Lunit Insight Chest CT」「Lunit Insight DBT」など、多様なAIソフトウェアを開発し、ソリューションラインアップの拡充を図っている。

関連記事:

  1. 韓国Lunit – KRX上場への足取り
  2. 欧州放射線学会 ECR 2021 – PhilipsとLunitがX線診断AIでの提携を公表
  3. Lunit – 肺がん検出におけるAIの有効性検証試験結果を公表
  4. ヘルスケアAI市場は2027年までに345億ドルに到達
  5. 医療AI市場のCAGRは42.8%の高水準へ

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、現在は米マサチューセッツ総合病院研究員、ハーバードメディカルスクール・インストラクター。他に、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事