医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例疾患治療へのAI活用事例大腸がん術後化学療法を安全に回避するAI活用

大腸がん術後化学療法を安全に回避するAI活用

リンパ節転移を伴う大腸がん患者であっても予後が良好で、術後の再発予防を目的とした抗がん剤治療、いわゆるアジュバント療法を必要としない患者群が存在する。ノルウェー・オスロ大学の研究チームは、ディープラーニングアプローチによって大腸がんに対するアジュバント療法を適切に回避し、これに伴う重篤な副作用の「不要な発現」を防ごうとする。

The Lancet Oncologyから1日公開された研究論文では、既存の病期マーカーと新しいディープラーニングマーカー(DoMore-v1-CRC)を統合することで、アジュバント療法の個別選択が促進できることを明らかにした。新しいリスク層別化システムは検証コホートにおいて、進行がんに分類されるステージIIおよびⅢでも、他の低リスク群と同様に予後良好な患者群を正確に特定しており、臨床的意思決定を支援する有効なシステムとなる可能性が示唆されている。

著者らは、実際は術後に補助化学療法を受けるべきでない患者は3分の1であるとし、これらの患者群に、標準的アジュバント療法である二剤併用化学療法を採用した場合、治療によって防がれたがん死の数と同程度の治療関連死が発生し得ることに言及する。適切なアジュバント療法回避を実現することは、大腸がん罹患に伴う死亡率の低減、医療費の抑制に貢献する可能性がある、としている。

関連記事:

  1. シンガポールの主要病院が「大腸内視鏡AI」を臨床導入
  2. 大腸内視鏡AI導入は年間370億円を削減する
  3. AIによる「大腸がん検診の受診勧奨」

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事