イノベーションと患者情報の保護 – メイヨークリニックの事例

米メイヨークリニックは、医療イノベーションの実現に野心的であり続ける。2030年までにケアの提供方法を抜本的に変革することを目指した幅広い提言を行っているが、その中核を担うものがAI技術となる。患者情報の活用が前提となる技術革新を前に、メイヨークリニックは多くの企業との提携関係を構築し、患者情報の提供を進めてきた現実がある。

米医療メディアSTAT Newsが3日報じたところによると、過去2年間でメイヨークリニックとの契約によって患者データにアクセスした企業は16社にのぼるという。これらの提携によって同クリニックは収益の流れを広げただけではなく、多くの新しい医学的知見の導出と有用なプロダクトの生成に成功している。一方で、倫理の専門家は「患者情報の取り扱い」に対して常に厳しい目を向けてきた。

メイヨークリニックは「技術革新とプライバシーの保護が排反ではない」ことを強調し、患者情報の厳格な管理体制を明確にしている。ただし、一部企業との契約に関しては、契約上の機密規定を理由としてデータ共有の手段についての情報を公開しておらず、このことが社会的な批判を引き起こすきっかけともなった。ミシガン大学の生命倫理学者であるSpector-Bagdady氏は「スマートフォンGPSやSNSへの投稿など、他のデータセットとの組み合わせによって個を特定できる可能性がある」ことを指摘し、患者情報の匿名化に「完全なものは存在しない」ことを強調する。

前の記事AIによる高齢者施設のCOVID-19対策 – カナダ「AiCoV19」プロジェクト
次の記事医療における人工知能の可能性とピットフォール
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。