認知症を持つ人々のためにテクノロジーができること

認知機能低下が病的に進行した状態、いわゆる認知症は患者本人にとっての多大な不利益のみならず、患者を取り巻く家族・社会にとっての負担も大きく、その対策は先進国を中心に喫緊の社会課題として取り扱われている。

一方で、AIをはじめとした先端技術は、根本治療のいまだ得られていないこの疾患に関するコントロールを大きく様変わりさせようとしている(過去記事:根本治療薬の探索へのAI活用例)。認知症の予測アルゴリズムは数多くの研究成果が示され、そのいくつかは臨床的有効性を示唆するものとなっている(過去記事 1, 2)。英ノースヨークシャー州ハロゲートに本拠を置くVida Healthcareは、認知症専門医療機関として知られる。古典的な疾患管理手法に加えて、テクノロジーによる先進的な取り組みでも近年注目を集める。認知症患者をアクティブに保つための手段として、ビデオ通話アプリを活用したトレーニングプログラムや、ビデオ・サウンドによる視覚聴覚刺激を伴う屋内型運動器具を取り入れる。また、認知症患者における新しい娯楽と豊かさを提供する目的に、VRも積極的に活用し始めた。

テクノロジーを患者の行動監視にのみ適用する時代は終わろうとしている。Vida Healthcareは、居住者とその家族・友人とのつながりを強化する新しいアプリを開発し、施設であっても日常生活を共有し、誰もが健康と幸福を享受できる日常を目指している。

前の記事一般的な血液検査項目からCOVID-19陽性者を識別する機械学習モデル
次の記事ライム病の初期皮膚症状を判別するAIモデル – 米ジョンズホプキンス大学
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。