AIによる認知症予防 – 前頭側頭型認知症の予測アルゴリズム

Photo by iStock

日本をはじめとする先進各国で、高齢化の進展は著しい。認知症対策が急務となった昨今、AIを利用した認知症予防・早期発見への取り組みも目立っている。オランダ・アムステル大学の研究チームは、機械学習を利用し、前頭側頭型認知症の予測アルゴリズムを開発した。

Journal of Alzheimer’s Diseaseに先月掲載された論文によると、脳MRI画像の灰白質(神経細胞の細胞体が存在している部位)ボリュームから、前頭側頭型認知症を識別するAIアルゴリズムを導いたという。研究に用いたデータ数の少なさは否めない一方、研究チームは「機械学習を利用することで、前頭側頭型認知症の早期診断に結び付けられる可能性を示した」としている。

前頭側頭型認知症は行動障害や人格障害を伴う認知症として知られるが、比較的緩徐な進行であるために見逃されることも多い。患者は反社会的行動を取ることもあるため、早期診断によるケア体制の確保と福祉的対応が欠かせない。英国での「AI技術で認知症高齢者を守る取り組み」も先月紹介しているので参考にしてほしい(過去記事)。

前の記事ハーバード大学 手術後の退院先を予測するAIアルゴリズムを開発
次の記事医療詐欺・不正請求と戦うAI
TOKYO analytica
TOKYO analyticaは、データサイエンスと臨床医学への深い造詣を武器とし、健康に関するあらゆるモノ・コトのエビデンス構築・普及をお手伝いするメディカルコンサルティングプロジェクトです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。専門はメディカルデータサイエンス。ロンドンでのベンチャーエンジニアを経て、英国内の大学で医療データベース研究に従事。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。