GetSkinHelp – モバイルAIアプリでカナダの皮膚科受診を変革

新型コロナウイルスによる制約から、日常的な疾患で医療機関にかかることの困難さが注目された。カナダでは、皮膚科受診のあり方を変えるAIモバイルアプリ「GetSkinHelp」が2021年5月下旬から無償提供開始される。開発元のSkinopathy Inc.はデジタルヘルスでの革命を志し、2020年にカナダで創立されたスタートアップだ。

GlobeNewswireでのプレスリリースによると同アプリのAIは、撮影した皮膚画像から各種皮膚疾患(皮膚線維腫・血管性病変・基底細胞がん・扁平上皮がん・メラノーマ・異形成母斑・角化症・色素性母斑)を精度88%で判別可能と謳っている。アプリ上で皮膚疾患の可能性をスクリーニングしたのち、数時間から数日以内で専門家とのバーチャルアポイントメントが予約できる。バーチャルアポイントメントを経て、実際の来院や検査・生検といった次のステップを決定する。

アプリのサービスはカナダ各州の医療保険制度に完全に組み込まれているため、利用にあたってユーザーの自己負担は生じない。モバイルで迅速かつ信頼性の高い皮膚疾患管理アプリを提供することで、遠隔地など医療が行き届きにくい地域の人、あるいは通院が困難な人など、カナダの人々にとって有益なサービスとなることが期待されている。

前の記事Beyond Next Ventures – 国内最大級アクセラレーションプログラム「BRAVE」が見据えるもの
次の記事Forbes AI 50 – 2021年注目すべきAI企業トップ50
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。