医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究大人と子どもは「観察の仕方」が異なる

大人と子どもは「観察の仕方」が異なる

米ニューヨーク大学の研究チームは、大人と子どもにおける「他者の観察方法」について、明らかな差異があることをアイトラッキングと深層学習を用いた研究によって明らかにした。成果はこのほどScientific Reports誌から公開されている。

チームの研究論文によると、未就学児と成人のそれぞれ22名に「ハンマーでペグを打ち込む人の動画」を視聴させたという。動画内では効率的に道具を用いている様子のみではなく、非効率な使い方も併せて示すことで、視聴時の注視点の違いなどを検討した。アイトラッキングによる検証の結果、大人は「道具の握り方」の観察に最も多くの時間を割いていたのに対し、子どもは全体観察によって握り方への注意が乏しい事実が明らかにされた。また、視線に対する深層学習分析でも「大人は効率的な把持と非効率な把持を区別している」一方、子どもはこれらを区別しておらず、瞳孔径や神経活動のモニタリングでも同等の結果を示していたとのこと。

著者らは「大人は他者の行動効率を知覚できるのに対し、子どもはできない」点について、「行動知覚の運動共鳴理論から予測されるように、観察者自身の運動プログラムの活性化は、観察者の運動経験から構築されるため、運動共鳴によって成人にのみ差動反応が生じることを示唆している」とする。これらの事実は、子どもが複数ステップを必要とする処理が苦手である理由について、神経プロセスからの解明を補助する科学的エビデンスとして注目を集めている。

関連記事:

  1. 米政府 – 小児向け遠隔医療拡充に向けた投資へ
  2. 小児入院患者に「ICUケアが必要となるか」を予測するAIモデル
  3. 自閉スペクトラム症を持つ人々が見る世界 – ディープラーニングが解き明かす「視点の違い」
  4. 10分の動画で自閉スペクトラム症をスクリーニング
  5. 頭の動きで自閉スペクトラム症を識別

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事