Derm.AI – ポルトガルの皮膚がん遠隔診療プロセスを変革

皮膚がんを検出するAIの実用化が世界各所で進んでいる。欧州最大級の応用研究機関「フラウンホーファー研究機構(Fraunhofer-Gesellschaft)」の支援情報通信ソリューションセンター(AICOS)において、スマートフォンで撮影した皮膚病変写真に基づくAI画像解析システム「Derm.AI」プロジェクトが進行中である。

フラウンホーファーAICOSはポルトガルに拠点を置き、Derm.AIによって同国の健康保険制度のなかで皮膚科の遠隔診療プロセスに変革をもたらそうとしている。ポルトガル保健省らと共同開発されたDerm.AIのモバイルアプリは、最初のステップで、一般開業医(GP)がスマートフォンで皮膚上の問題部位を撮影する。システムによって写真の正しい配置・距離・解像度が確認され、近景と遠景の2枚を撮影し、標準化された写真が生成される。GP診療所で得られた画像はオンラインで皮膚科に送信され、AIが病変部に「正常」「優先」「優先度が高い」といったラベルづけを行う。AIが高リスクと判断した画像に対し、病院の皮膚科医がチェックして、その患者を担当するGPに遠隔診療でフィードバックするか、病院での診察を予約することができる。

フラウンホーファーAICOSのシニアサイエンティストであるMaria Vasconcelos氏は、AICOSのインタビューに対して「近年、GPは皮膚がんの早期発見に関心を寄せているが、専門医が少ない地域では最初の診察予約までに時間がかかり、患者が診察のために長距離を移動することもよくある。そのような状況でDerm.AIの出番となる」と述べた。

関連記事:

  1. メラノーマ識別AIが実臨床に果たす役割 – ICCV 2021より
  2. 全身3Dイメージでメラノーマを探索する世界最大級プロジェクト
  3. 皮膚がん診断はヒトとAIが協働するのが最適か – Nature Medicine より
  4. 皮膚がん診断AIツールの可能性と功罪 – Medical Journal of Australia
  5. 韓国Speclipse社 – レーザー分光とAIによる皮膚がん診断デバイス

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事