医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例医療機器へのAI活用事例CovidDeep - スマートウォッチでCOVID-19を検出するAIアプリ

CovidDeep – スマートウォッチでCOVID-19を検出するAIアプリ

COVID-19の流行の波が到来するたびに、PCR検査の提供体制が需要に追いつかず、逼迫する事態がみられている。検査を大規模かつ繰り返し行う代替手段が必要とされるなかで、ウェアラブルデバイスとAI手法が有望なアプローチとして注目される。米プリンストン大学の研究グループ発のアプリ「CovidDeep」は、健康状態に関する質問と、スマートウォッチセンサーからのデータを組み合わせることで、新型コロナウイルス感染を数分以内に予測する機能を謳っている。

IEEE Transactions on Consumer Electronicsには、CovidDeepの開発および検証状況が報告されている。同アプリでは、心拍・皮膚温度・ガルバニック皮膚反応(皮膚の湿気によって皮膚を流れる電流抵抗が小さくなる現象)・血圧・酸素飽和度・症状アンケート(息切れ、咳、発熱など)を統合し、新型コロナウイルス感染の可能性を予測する。チームは、北イタリアでのパイロット試験を経て、98.1%の精度で感染を検出できることを確認している。

CovidDeepの技術は、プリンストン大学の電気コンピュータ工学の教授Niraj Jha氏らが立ち上げた「NeuTigers社」にライセンスアウトされている。その後、フランスにおける大規模試験で検証が行われ、米国とアルジェリアの医療機関では職員に対してCovidDeepの試験導入が行われている。現在はSamsung/Fitbit/Appleのスマートウォッチと互換性を持たせるため、開発が継続されているという。プリンストン大学のインタビューに対し、臨床データ収集を担当したIgnazio Marino氏は「自宅で行われる迅速検査の精度には限界があり、我々の手法は迅速抗原検査よりもはるかに優れている可能性がある」と語った。

関連記事:

  1. COVID-19スクリーニングのアームバンド – 米FDAが緊急使用許可
  2. スマートフォンでの音声分析によるCOVID-19自動検出
  3. COVID-19早期発見をスマートリストバンドから – Empatica社
  4. COVID-19感染検知アプリëlarmがニュージーランド国境警備隊で試用
  5. 呼気から新型コロナウイルス感染を高精度識別

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事