イヌのレプトスピラ症を早期診断するAI研究

人と動物に共通する感染症(人獣共通感染症)のひとつに「レプトスピラ症」がある。病原性レプトスピラは細菌で汚水や尿中に生息し、経皮・経口的に感染することでレプトスピラ症を引き起こす。身近なペットであるイヌにおいても、重症例では「腎不全など致命的な病態」の引き金となることから重要疾患に位置付けられる。早期発見により、レプトスピラ症に感染したイヌの9割が良好な経過をたどるが、診断法のひとつである「血清抗体検査」は感染初期に感度が低く、診断確定までに数週間を要することもある。

カリフォルニア大学デービス校(UC Davis)のグループは、イヌから採取した血液検体からレプトスピラ感染を識別するAIモデルを開発している。同AIモデルの最新の検証結果は、Journal of Veterinary Diagnostic Investigationに報告された。本研究では、UC Davisの獣医学部病院で治療を受けた53頭のイヌにおいて開発したモデルを適用したところ、レプトスピラ陽性であった9頭を全て正しく識別できた(感度100%)。一方、陰性であった44頭についても約9割を正しく陰性と識別した(特異度90.9%)とする。

同研究グループは、イヌのアジソン病を予測するAIモデルを以前にも発表するなど、この分野をリードしている(過去記事)。レプトスピラ症はヒトにおいても早期診断が難しいケースがあり、グループでは研究成果の「ヒトへの将来的な臨床応用」を期待している。

関連記事:

  1. イヌの血液検査にもAI診断を – 米UC Davisの獣医学応用
  2. 「犬の老化」を探る大規模データ収集プログラム
  3. AI FOR PET社「TTcare」 – ペットの疾患診断をサポートするAIアプリ
  4. 愛猫の痛みを教えてくれるAIアプリ「Tably」

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事