医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例AIを巡る医療経済・政策Healthcare Triangle - アジアでのデジタルヘルス強化

Healthcare Triangle – アジアでのデジタルヘルス強化

ヘルスケアおよびライフサイエンス分野におけるデータ分析プラットフォームなどを提供する米Healthcare Triangle社はこのほど、シンガポールでの拠点構築と、アジア太平洋地域(APAC)におけるデジタルヘルスケア戦略を強化することを明らかにした

同社の公表によると、今後5年間で2500万ドル(34.2億円)をシンガポール拠点に投資し、500人以上の雇用を創出するという。APACでは現在、バーチャルヘルスケアの導入が急速に進んでおり、医療機関のデジタル化に対する投資の増加が、デジタルヘルスプラットフォームの導入加速にもつながっている。Healthcare TriangleのCEOであるSuresh Venkatachari氏は「今回の進出は、さらなる技術革新と医療イノベーションのハブとして、シンガポールの役割を強化するものだ。米国において発展途上の医療技術産業に携わった経験を生かし、医療関連企業のデジタルソリューションとイノベーションの地域的な拡大を支援したい」としている。

APACには医療過疎地域が多くあり、デジタルヘルスケアサービスの需要が特に高い。コロナ禍を経て遠隔医療サービスに対する認知が向上していること、また低コストの遠隔患者モニタリングサービスに対する需要が高まっていることが、今後10年間の同地域におけるヘルスケア市場を牽引する可能性がある。実際、マッキンゼーの報告によれば、アジアにおけるデジタルヘルスは「2020年の370億ドルから、2025年までに全体で最大1000億ドルの価値を創出する可能性がある」としている。

関連記事:

  1. デジタルヘルスツールの新しい評価フレームワーク
  2. 英Huma – 1.3億ドルを調達しデジタルヘルスプラットフォームを拡張へ
  3. シンガポールNUHS – AIシステムの臨床実装を急進

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事