医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例AIを巡る医療経済・政策シダーズ・サイナイ - AI教育研究センターを立ち上げ

シダーズ・サイナイ – AI教育研究センターを立ち上げ

米シダーズ・サイナイはこのほど、AIのヘルスケア向けアプリケーションによるイノベーション推進を目指し、「Center for Artificial Intelligence Research and Education (CAIRE) 」の設立を公表した

CAIREは研究活動とともに、強力な教育・トレーニングイニシアチブを掲げており、AIの基本概念やAI倫理に関するワークショップ、高度な機械学習手法や分析に関する教材の開発と展開にも重点を置く。また、高校生・大学生・大学院生が研修機会やコンテストを通じてAI教育に参加することを目的とした「National AI Campus」とも連携することを明らかにしている。当該センターで開発された新しいアプリケーションやアルゴリズムは、他のヘルスケア研究成果とともに、ゲノム研究や個別化医療の進歩を加速させる研究利用を念頭に置く。

新センターのディレクターであるJason Moore氏は「人工知能、機械学習、ヘルスケアの専門家からなる当センターのチームは、研究者や病院のスタッフと協力し、特定のヘルスケア課題に合わせたカスタマイズソリューションを開発する。我々の目的は、これらの技術を利用して研究の質を向上させ、研究者の意思決定を強化することだ」としている。

関連記事:

  1. ノースウェスタン大学 – 医療AIセンターを設立
  2. USC – ヘルスケア特化のAIセンターを設立
  3. 米CDC – アウトブレイク分析のための新センターを設立

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事