AIの導入によって激減する医師の仕事量

Photo by iStock
最新ニュース

ヘルスケア領域におけるAIは、急速に普及が進み、特に画像検査を用いた「疾患の診断」においては、人間をも凌駕するAIもみられるようになった。現在の医師の仕事の大部分は、AIによって代替可能だという見方も強いが、医師という職業は、AIの台頭によって消え行くものなのだろうか。

アメリカ医師会の報告によると、AIは医師を含む医療チームの作業効率を改善するものであって、完全に代替するものではないとしている。一方で、医師は最新の医学知識を得るために論文を大量に読む必要はなくなり、カルテを含む医療文書の作成から解放され、医療の質を評価する手間もなくなる。アメリカ医師会の医療情報担当Michael Hodgkins医師は、「医師・患者関係という最も本質的な部分に、医師はより時間を割けるようになる」と述べている。

診断・治療の結果に伴う責任の所在を明確にするためにも、人間の医師がヘルスケアの表舞台から完全に淘汰されることはまだない。MEDPAGE TODAYのMichael Kirsch医師は、「しかし、AIが専門医試験で人間を上回るほど高い診断能力を持っているなら、人々はどちらの診断を受けたいのだろうか」と投げかけている。