ヘルスケアネットワークとサイバーセキュリティの脅威

米カリフォルニア州・サンタクララに本拠を置くサイバーセキュリティ企業Palo Alto Networksは、その最新レポートで医療機関におけるネットワークセキュリティの深刻な脆弱さを指摘する。

Venture Beatが当該レポートについて報じたところによると、医療機関では古いオペレーティングシステムが常用され、ライフサイクルの長さのために医療IoTデバイスで時代遅れのセキュリティレベルが維持されているという。ヘルスケアネットワークに対するサイバーアタックにおいては、主としてネットワーク上に接続されたデバイスをスキャンし、マルウェアの拡散源となる脆弱性が検索されている。

National Cybersecurity Center of Excellence(NCCoE)は過去に、医用画像システムの83%が既知の脆弱性を持つことを報告し、これはWindows7のサポート終了に伴い56%もの増加をみた結果であるとしている。医療機関が完全に閉ざされたネットワークを利用した時代は過去のものとなっており、世界基準と潮流に適合した適切な対策と体制の維持が求められている。

前の記事台湾の新型コロナウイルス初期対応に世界的な高評価
次の記事ディープラーニングロボットが採血と点滴を変革する
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。