医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例皮膚パッチで結核を迅速にトリアージできるか?

皮膚パッチで結核を迅速にトリアージできるか?

結核初期における既存の診断方法は、時間がかかる、高価である、専門人材を要する、などの点で蔓延地域における低所得国にとっては敷居が高い。例えば、1回2.6~10.5ドル程度の喀痰吸引検査は1日1ドルで生活する地域にとっては負担が大きく、確定診断まで複数回の医療アクセスを必要とすることにも困難が伴う。

テクニオン=イスラエル工科大学の27日付ニュースリリースでは、同大の研究グループが開発した「皮膚パッチによる迅速かつ非侵襲的な結核診断法」を紹介している。A-patchと呼ばれるシール状の皮膚パッチは腕に貼って利用し、結核患者の皮膚から放出されるトルエンなどの揮発性有機化合物を捉え、機械学習手法で解析する。学術誌 Advanced Scienceに掲載された研究成果では、インドと南アフリカで行った検証において、90%以上の感度と70%以上の特異度を示した。

この結果はWHOの規定するトリアージテストの要件を満たしており、実用化の可能性を秘めている。プロジェクトリーダーのRotem Vishinkin氏は「グループが開発しているプラットフォームは、安価で迅速かつシンプルで専門人材も必要ない」と述べ、世界各地の医療過疎地域で効果的な結核診断法として普及できるよう開発と検証を進めている。

関連記事:

  1. 胸部X線画像のスマホ写真撮影で結核を診断するAI – RSNA 2020年次総会より
  2. ポータブルで結核の高精度検出が可能なAIデバイス
  3. AI画像診断でインドの結核を撲滅 – スタートアップ Qure.ai
  4. 機械学習フレームワークによる「結核治療の失敗予測」

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事