医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例医療システム・医療問題へのAI活用事例Twitter投稿から「COVID-19ワクチン接種率」の推移を予測できる

Twitter投稿から「COVID-19ワクチン接種率」の推移を予測できる

米ニューヨーク大学の研究チームは、肯定的なものであれ否定的なものであれ、Twitterへの「COVID-19ワクチンに関する投稿内容」から、その地域におけるワクチン接種率の上昇・減少を予測できるとする研究成果を公表した。同研究論文は15日、Clinical Infectious Diseasesから公開されている。

チームの研究論文によると、自然言語処理アルゴリズムを用いたセンチメント分析により、Twitter投稿のリアルタイム分析を行ったという。COVID-19ワクチンに関連するツイートを特定した上で、センチメント分析によって、各ツイートを 1.ポジティブ、2. ネガティブ、3. ニュートラル にカタログ化し、地域におけるワクチン接種率の推移との関連を調査した。結果、特定地域でポジティブなツイートが増加すると、1週間後の同地域における接種率が上昇し、反対にセンチメントが悪化した地域では、1週間後の接種率が低下していることを明らかにした。 

論文のファーストオーサーで、コンピュータサイエンス部門の准教授を務めるAnasse Bari氏は「ワクチン接種率が、Twitterのワクチンセンチメントと地域的に相関することを明らかにした。さらに高度な分析ツールにより、ワクチン接種率の変化を仔細に予測し、ターゲットを絞ったソーシャルメディアキャンペーンなど、ワクチン接種戦略として誘導できる可能性がある」として、研究知見の公衆衛生政策への活用を促している。

関連記事:

  1. 「ワクチン接種ためらいの地域性」をTwitterから予測
  2. ワクチン関連のインフォデミックを狙い撃つAI研究者たち
  3. Twintの活用 – 新型コロナワクチンに対するインド国民の感情分析

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事