2029年までに医療AI市場は1641億ドル相当へ

Fortune Business Insightsによる最新調査では、医療におけるAI(医療AI)の市場規模は、2029年までに1641億ドル(23.4兆円)に達すると報告している。2022年の138.2億ドルから実に42.4%の年平均成長率(CAGR)を示す。

Fortune Business Insightsの公表によると、政府および民間企業による「ヘルスケア産業におけるAI」への投資事例増加が、市場の前向きな進展を促すと予測する。医薬品開発、関連研究、技術イノベーション、基礎的テクノロジーの各分野における進歩が、市場の方向性を形成すると予想し、「医療専門家の支援のためのAI使用が市場の発展を助ける」としている。

特にロボット支援手術は期間内における技術革新に伴い、さらに支配的・一般的となることを見込み、医療提供体制と治療のあり方に大きな変化をもたらす可能性を指摘する。

関連記事:

  1. 医療画像向けAI市場 – 2030年には現在の10倍超規模へ
  2. 「診断AIの市場規模」は2029年までに93.8億ドルへ
  3. ビッグテックは医療市場を見据える

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事