医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例AIを巡る医療経済・政策医療画像向けAI市場 - 2030年には現在の10倍超規模へ

医療画像向けAI市場 – 2030年には現在の10倍超規模へ

P&S Intelligenceが23日公表した最新の市場調査レポートによると、医療画像向けAIの市場規模は2021年現在の10.9億ドル(1484億円)から、119.2億ドル(1.6兆円)と10倍超になるという。市場成長の牽引要素として、慢性疾患症例の増加、高齢者向け医療サービスのニーズ急増、医療業界における雪だるま式の研究開発投資を挙げている。

医療画像向けAI市場をモダリティ別にみた場合、現在、CT画像の収益シェアが約30%で最大とされているが、この傾向は今後10年間にも変化は無く、同市場をリードするとしている。これは、心血管疾患やがんの有病率増加、およびAIを統合した画像処理ソリューションのニーズ増加によって説明されるという。また、成長率でみた場合は、同期間でMRIが最も大きな成長を示す。空間分解能に優れたMRIの特徴から、AIによってさらに詳細な解剖学的特徴を画像化することで、ケアの質的向上が期待できる点がこの成長の主因となる。

エリア別では北米市場が最大シェアを占めるが、この傾向はやはり2030年までも継続しそうだ。レポートでは、北米が先端技術の取り入れに積極的であることと、重要なプレイヤーが存在することを挙げている。成長率からはアジア太平洋地域を取り上げているが、中国・インドに比べて日本の存在感が希薄であることはやや残念に感じられる。CT・内視鏡をはじめ、医療画像大国である日本の今後にもぜひ期待したい。

関連記事:

  1. Intelerad社 – 医療画像用AIに対する患者の信頼度調査
  2. 臨床実装の進む「医療画像の常時監視システム」
  3. 救急部における画像解析AI利用の価値

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事