AIが描くヘルスケア産業の未来〜医薬品編〜

AIは、これからヘルスケア産業にどのようなインパクトを与えていくのか、既存のあり方を変革するプレーヤーとなり得るのだろうか。そんな議論が世界中で活発になされる中、ヘルスケア産業でも特に医薬品開発はAI の恩恵を受けている領域となっている。

従来の医薬品開発においては、研究が始まってから実際に患者が使用するまでの間、莫大な時間とコストがかかっていた。 California Biomedical Research Associationの報告によると、薬の開発が始まってから市場に出るまでに、平均で12年もの時間を要していたという。しかし これからはAI のようなテクノロジーを使うことにより、臨床試験を効率的に進めることができるため、人件費や研究費の削減にもつながることとなる。

米リサーチ会社Frost & Sullivanの研究によると、AIの技術により、私たちの医療費が今後半分以下にまで下がる可能性があるという。なぜなら、AIを活用することで、医療従事者によるヒューマンエラーが減少し、患者の再診や通院の必要がなくなるからである。 このように、AIによって医薬品業界全体の発展が強力に後押しされることが期待されている。