バーチャルケアプラットフォームのVida – 急増する需要のため新たに2500万ドルを調達

Vida Healthはこのほど、新たに2500万ドルの資金を調達したことを公表した。これはCOVID-19の拡大に伴うバーチャルヘルスケアへの需要急増に対応するためで、資金は特にメンタルヘルスに関するプラットフォーム強化に充てられるという。

Venture Beatは昨日、Vida Healthの現況について報じている。新型コロナウイルスのパンデミックにより世界は深刻な影響を受け続けるが、ロックダウンと社会的隔離によってバーチャルケアの需要は急速に高まったとしている。実際、3月以降に50万人以上の新規ユーザーを獲得し、プラットフォームがカバーするユーザーは現在140万人を超えるとのこと。

Vida Healthのバーチャルケアプラットフォームでは、糖尿病や高血圧などの慢性疾患に加え、うつ病や不安症状といったメンタルヘルスも対象とする。機械学習を利用して処理された個人データから個別の治療計画を策定し、必要なトレーナーや栄養士、看護師、セラピストなどの専門家と組み合わせることができる。また、VidaアプリはFitbitやApple Watchを含む多くのウェアラブルデバイスとも統合できるため、専門家はユーザーの経時データを詳細に捉え適切なアドバイスにつなげることを可能とした。

前の記事Ultromics – 心臓超音波画像から冠動脈疾患発症を予測するAIシステム
次の記事世界最大級の脳出血CTデータセット発表 – 北米放射線学会RSNAと米国神経放射線学会ASNRの連携
TOKYO analytica
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. M.Okamoto MD, MPH, MSc, PhD
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. T.Sugino MD
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。