心臓画像評価を革新する「多視点三次元融合心エコーシステム」

心臓エコー検査の技術進歩により、近年では立体画像としての撮影・描写が可能となってきたが、長時間の息止めが必要など明確な弱点がある。カナダ・アルバータ大学のチームは、短時間の息止めを複数回行っている間に異なる角度から画像を撮影することで、独自アルゴリズムによる画像の位置合わせと融合を経て、正確な3D超音波画像を作成する研究を行っている。

アルバータ大学のニュースリリースでは、Ultrasound in Medicine & Biologyに発表された最新研究を紹介している。ペースメーカー装着済みの心不全患者を対象に検証された「多視点三次元融合心エコーシステム」では、息止めが困難な患者群でも適切に融合された3D画像を得た。これにより、心内膜の境界線を定義するプロセスが改善され、結果として造影剤を使用するコントラスト心エコーと比較しても同等以上の左室機能評価ができたという。

新システムの利点には、従来の心エコーと比べて1回の検査に要する時間が約30%短縮された点も挙げられている。研究グループのBecher教授は「私たちの目的は、患者の待ち時間を短縮し、正確で信頼性の高い画像検査へのアクセスを改善することにある。この技術は今後、心臓MRIや心臓CTの必要性を減らせると確信している」と語る。グループは5年以内に広く臨床利用されることを目標として、同システムの改良を進めている。

関連記事:

  1. 心エコー解析AIがその後1年間の死亡率を予測
  2. コニカミノルタ – COVID-19対応の心エコーAI解析ツール
  3. Caption Health – AIガイド超音波診断の「FDA承認エビデンス論文」をJAMA Cardiologyに発表
  4. 英Ultromics 心エコーのAI解析システムでFDA認証を取得

前の記事Alphabet傘下Verily – 臨床試験管理システムのSignalPath社を買収
次の記事MayaMD – AIヘルスアシスタントが「臨床医を超える正確なトリアージ」
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。