医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例最新医療AI研究脳卒中の遠隔治療プログラムが有用性を示す

脳卒中の遠隔治療プログラムが有用性を示す

脳卒中の遠隔治療プログラムについて、米国退役軍人省が資金提供を行った研究の成果がまとめられ、このほどNeurologyから公開された。インディアナ大学などが中心となったこの研究計画では、神経内科医がいない施設において急性期の脳卒中治療を遠隔で行う「VHA National Telestroke Program」の有用性を評価している。

本研究論文によると、このプログラムの導入により、専門医を有する他施設への転院搬送割合が60%減少し、よりタイムリーな脳卒中治療を実現できるようになったとしている。プログラムではモバイルデバイスを利用し、遠隔地の専門医が患者の病状を評価するとともに、現場のスタッフで施行可能な治療計画を提供するというもの。特に脳梗塞の発症早期であれば、血栓を溶解し血流再開を図る「tPA静注療法」が極めて有効であるため、適切な診断と早期の治療開始が患者予後にとって重要となる。実際、本プログラム導入後、各施設における血栓溶解療法の実施率が上昇していることも併せて報告された。

COVID-19のパンデミックに伴い、特に米国都市部の高機能病院では、未だ需要過多による危機的状況が続き、結果的に必要な治療機会を逸する患者が後を立たない。医療資源の効率利用のためには、非専門医および非高機能病院における取り扱い可能事例を増やすこと、不必要な転院搬送を抑制することが求められており、本プログラムは導入メリットの大きい現実的な解決策として多大な注目を集めている。

関連記事:

  1. 脳卒中後の運動機能を予測する機械学習アルゴリズム
  2. Viz.aiの脳卒中における「時間」への挑戦
  3. Zimmer Biomet社「WalkAI」 – 術後の歩行機能回復を予測するAIモデル
  4. Teladoc x Amazon -「Teladoc on Alexa」の提供を開始
  5. iRhythm社「Zio」- NHS試験プログラムで不整脈患者の待機期間を大幅短縮

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員、東京大学特任研究員を経て、現在は米ハーバード大学医学部講師、マサチューセッツ総合病院研究員、SBI大学院大学客員准教授など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事