医療とAIのニュース医療におけるAI活用事例医療AIがもたらす影響・問題点AIは「もっともらしいクリスマスBMJ研究のタイトル」を生成できるか?

AIは「もっともらしいクリスマスBMJ研究のタイトル」を生成できるか?

世界五大医学誌のひとつBMJは、毎年クリスマスになると普段の権威性や格調を打ち破る「面白論文」の特集号を出版する。例えば2016年は「Gotta catch’em all! Pokémon GO and physical activity among young adults(全部ゲットしろ!ポケモンGOと若年成人の活動性研究)」が公表され、話題を呼んだ。同誌は2021年クリスマス特集号に向けて「AIはもっともらしいクリスマスBMJ研究のタイトルを生成できるか?」というテーマの研究を掲載し、相変わらずのユーモアを発揮している。

BMJのリリースでは、同クリスマスBMJ研究を紹介している。手法としてはGPT-3ベースのAI技術によって、過去10年間のBMJクリスマス号で人気だった論文タイトルを学習し、オリジナルタイトルを自動生成させた。研究者らはAIが生成したタイトルを、科学的メリット・エンターテイメント性・妥当性の観点から採点した。高評価・低評価・実在タイトルに相当する各10本を、無作為抽出で世界各国の医師25名が評価した。その結果、AIが生成したタイトルは、実在のタイトルと比べて「少なくとも楽しめる(at least as enjoyable)」、「魅力的(attractive)」と評価された一方、実在タイトルの方が「よりもっともらしい(more plausible)」と評価された。さらに、AI生成タイトルの方が「科学的・教育的価値が低い(less scientific or educational merit)」と評価されたものの、AIの出力を人間が精選することでその差は有意ではなくなった。

なおAI生成タイトルで特に「もっともらしい」と評価されたのは「咽頭痛に対するペロペロキャンディの臨床的効能」と「観察研究:無償のグルメコーヒーが救急外来の待ち時間に与える影響」であった。最もくだらないタイトルは「Superglue your nipples together and see if it helps you to stop agonising about erectile dysfunction at work(※日本語訳は割愛)」であり、著者らは「AIが”研究の現実世界への適用”を見極めることができず、タイトルの不快さを理解できていないことを示す」と考察している。研究チームは「AIが、読者を惹きつける魅力的なタイトルをもっともらしく生成できるポテンシャルを持つ」、「AIの出力に人間が介入することも重要で、臨床医の完全代替ではなく意思決定支援としてのAI利用の可能性を示した」ともっともらしく結論づけることで、このウィットに富んだクリスマスBMJ研究をまとめている。

関連記事:

  1. 乳がん検出AIと読影医の双方が騙されるサイバー攻撃研究
  2. ユニーク研究 – PCのマウス操作がストレスマーカーとなる可能性
  3. SNSが健康の信念に与える感染力はCOVID-19よりも強い?
  4. 患者がAI医療を信用しない理由 – 能力でもお金でもない答えは?

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、英University College London(UCL)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、現在は米マサチューセッツ総合病院研究員、ハーバードメディカルスクール・インストラクター。他に、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事