AIが描くヘルスケア産業の未来〜医療編〜

Photo by iStock

ヘルスケア分野において、 AI が存在感を増してきており、業界内には多大な変革がもたらされている。AIは、人間よりもずっと早く、そしてミスなく業務を遂行することができる。 そしてヘルスケア業界の中でも特にAIが結果を出しているのは、病気の診断サポートだ。

電子メディアHealth Techによると、AI の分析方法を用いた機械学習ツールを使うことで、がん患者が持つ DNA を分析し、遺伝子の変化が予測可能になるという。これにより、医療従事者は通常よりも早く癌を発見することができ、結果的に患者の生存確率を上げることになる。心臓病の早期発見を助けるウェアラブルデバイスの開発も進んでおり、適切な治療によって病気の進行を未然に防ぐことは、どんどん可能になっているのだ。

世界的コンサルティングファーム・Deloitteが発表した「2018年ヘルスケア概観」によると、毎年25億ドルものお金が、適切とは言えない治療や医療費に使われているという。AI技術を医療画像の解析処理に用いれば、患者の医療費を最小限に抑えられる可能性は大いにある。また、腫瘍のある患者のCTスキャン画像を機械学習でAIに覚えさせれば、医師の判断をサポートできるようになることも期待されている。。