骨粗鬆症と骨折を評価するAI研究の懸念と将来性

骨粗鬆症と骨折をAI手法によって検出・予測する研究が盛んになってきている。カナダ・マニトバ大学のグループは、これまでに示された89報の論文をレビューし、同領域の研究手法に技術的および臨床的な懸念が残っていることを示した。

著者のひとりで同大学の放射線医学教授であるWilliam D. Leslie氏は、メディアHealioのインタビューに対し「我々のレビューでは、各研究の質には大きな幅があることが観察され、用意した12点満点のチェックリストでの平均スコアは6点であった」と語る。レビュー論文はJournal of Bone and Mineral Research誌に報告された。特に各研究の大きな限界として、機械学習モデルの選択に関して報告が不完全であったり、データが不適切な分割をされていること、外部検証を行われた研究が少ないことなどが挙げられている。

研究グループは「課題は残るものの、骨粗鬆症と骨折の診断・検出に機械学習アプローチを用いることは有望である」として、共通する落とし穴を避けるために機械学習モデルの開発とその成果を報告する際には、標準化されたチェックリストの使用を奨励している。Leslie教授は「機械学習手法の進歩につれて、臨床医とAIモデルのどちらを信用すべきかというジレンマが生じていく。学習し変化していく技術をどのようにライセンスするのか悩ましい問題であり、アルゴリズムの安全性を担保する規制と承認プロセスで、信頼を確保する方法を見つけなければならない」と述べる。

関連記事:

  1. 今こそ骨粗鬆症の予防を – Zebra社が椎体骨折検出AIでFDA承認追加
  2. 骨粗鬆症を防ぐ大規模AIプロジェクト – EUREKAフレームワークへの採択
  3. 骨粗鬆症リスクを見逃さないために – AIソフトウェア「XRAIT」

TOKYO analyticahttps://tokyoanalytica.com/
TOKYO analyticaはデータサイエンスと臨床医学に強力なバックグラウンドを有し、健康増進の追求を目的とした技術開発と科学的エビデンス構築を主導するソーシャルベンチャーです。
The Medical AI Timesにおける記事執筆は、循環器内科・心臓血管外科・救命救急科・小児科・泌尿器科などの現役医師およびライフサイエンス研究者らが中心となって行い、下記2名の医師が監修しています。

1. 岡本 将輝
信州大学医学部卒(MD)、東京大学大学院専門職学位課程修了(MPH)、東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(PhD)、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ(University College London)科学修士課程最優等修了(MSc with distinction)。UCL visiting researcher、日本学術振興会特別研究員を経て、SBI大学院大学客員准教授、東京大学特任研究員など。専門はメディカルデータサイエンス。

2. 杉野 智啓
防衛医科大学校卒(MD)。大学病院、米メリーランド州対テロ救助部隊を経て、現在は都内市中病院に勤務。専門は泌尿器科学、がん治療、バイオテロ傷病者の診断・治療、緩和ケアおよび訪問診療。泌尿器科専門医、日本体育協会認定スポーツドクター。
RELATED ARTICLES

最新記事

注目の記事